対石田流ぶた定跡(4)これで負けたらあきらめるw

2016-09-11

23手目~26手目の指し手

<<初手から
<<前譜

先手:先手
後手:ぶた
▲6八銀 △8五歩
▲5八金左 △7二金


スポンサードリンク

貧乏人の玉

一般に、金という駒は、王様にしっついて王様を守っていると考えられている。

・・・が、金持ちの考え方は違う。

金持ちというのは、いつも「金が自分のところにあって当たり前」と考えている。
また、「金は金が集まっているところに集まる」ということも知っている。

つまりそういうことだ。

将棋の駒の中で一番金持ちそうなのは、やっぱ飛車じゃなくて「玉」とか「王」なわけで、
そこに金や銀が集まってくるのは、理屈から言って当然ということになる。

ところが・・・

貧乏人が将棋を指すと、なぜか、王様の周りに金、銀が集まらない。

やっぱ、金銀に囲まれる生活に慣れていないからなんだろう・・・

気が付けば、金も銀も、あっちの方に行っちゃってるんだよね・・・

オマイラ、自分の将棋をもう一度よく見てみ。それ、今のオマイラの経済状況だから・・・

スポンサードリンク


次譜(27手目~)>>